当科は4名の診療放射線技師により運営しています。
一般撮影室は2部屋、 DXA室、CT室、MRI室にそれぞれ]線装置、骨密度測定装置(DXA)、CT装置(16列マルチスライス)、MRI装置(1.5T)を設備しています。
他にも外科 用イメージ、ポータブル装置があり、患者様の状態に合わせ各機器を駆使し 日々の勤務に従事しております。
 

●基本理念

 ・患者様の立場に立ち信頼のおける、安心・安全な検査を行います。

 ・良質な画像情報を提供し、医療画像に対してのスペシャリストを目指します。

●基本方針

 ・検査時のプライバシーを守り、プライドの保持への十分な配慮を心がけ、
  撮影に対し、しっかりとしたインフォームドコンセントを行います。

 ・医療被曝の低減をめざします。

 ・臨床現場における判断力、撮影法の知識・技術を高めよりよい画像を
  追及します。

 ・常に正確・安全・迅速な検査を行い、画像情報の質を落とさないように
  努めます。

 
 

当院の医用画像は全てデジタル化しており、医用画像用サーバー内に画像を蓄積し必要に時に検索機能を利用し、モニタによる診断を行っています。
これにより、過去画像との比較も簡便に行えるようになり、フィルムケースを探し運んでいた時間が患者様の待ち時間短縮につながっています。

 

当院のCT・MRI画像は遠隔読影を行っています。
CT・MRI撮影後、放射線科医サーバーに撮影画像を送信し、画像診断(読影)結果を当院サーバーで受信し、主治医と放射線科医との意見によって最終的な診断を行っています。
これにより、診断の正確性、信頼性が向上しています。

 

当院ではCT・MRI撮影の受託検査ができる体制を整えています。
なお、当院では造影剤を使用した造影検査は行っておりませんので、あらかじめご了承下さい。
その他、受託検査についてのご質問、ご意見等ありましたらご連絡下さい。