病気によりさまざまな障害を持った状況から、早期に家庭復帰を図るためには、リハビリテーションがとても重要です。
 当院は、理学療法士・作業療法士を有効に配置し、病棟との連携のもと専属の担当が、患者様一人一人の障害や状態に合わせた積極的なリハビリテーションを提供しています。
 

@家庭復帰・社会復帰、スポーツ復帰を目指したリハビリテーションを実施します。
A介護予防、介護支援を目指したリハビリテーションを実施します。
B院内連携に努め、安全で質の高いチーム医療を行います。
C地域リハビリテーション活動へ積極的に参加します。
D計画的・確実・快適なリハビリテーションを提供します。
E己研鑽に努め常に質の向上を目指します。

リハビリに関係する施設基準の承認

@運動器リハビリテーション料(T)
A脳血管疾患等リハビリテーション料(T)
B回復期リハビリテーション病棟入院料2
C休日リハビリテーション提供体制加算

リハビリテーション科組織図


 

 私達2階リハビリチームは入院後早期からリハビリ介入することで廃用症候群・褥瘡予防に努めています。 寝返りや起き上がりなどの基本動作、トイレ動作など日常生活活動の向上を目指してリハビリ行っています。 また毎週他職種のスタッフと患者様に対してカンファレンスも行って情報交換しています。
 

手術翌日のリハビリの様子

2階カンファレンスの様子


 365日体制の充実したリハビリテーションの提供が可能となっております。
 患者様の状態に応じた移動訓練、トイレ動作などの日常生活動作訓練を実施しています。安全に少しでも暮らしやすいように、複雑な心身状況にある患者様や家族に対し、良質な入院医療サービスを提供するために、多職種が連携をとり退院支援に取り組んでいます。

3階リハビリ室の様子

3階カンファレンスの様子

回復期リハビリテーション病棟の取り組み

チームミーティングの様子

病棟内歩行訓練の様子

トイレ動作練習の様子

入浴動作練習の様子

リハビリ室内での勉強会の取り組み


T. 院外研修会等への参加
U. 文献抄録(毎週水曜日)
V. 症例検討(毎週火曜日)
 

T.外部講師を招いての研修会の様子

U.文献抄読の様子

科長のひとこと

手術前、手術後のリハビリについてトップページへ戻る。